とっとりで暮らす

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とっとりで暮らす

東京から鳥取へ。佐治町という小さな町に引っ越した人のブログです。

堆肥を撒く

農業 アスパラ栽培

f:id:tottoridekurasu:20170418165640j:image

 

本当は冬にやるべきだった、アスパラの畝に堆肥マルチを敷く。春肥ということにして、鶏糞焼却灰を撒いてから、その上に有機資材のアグリキャップ1号を撒く。

 

以前、お会いをしたアスパラ農家さんも「肥料を撒いてから堆肥マルチ!」と 強調をしていたので、これで問題なかろう。

先日、三光さんがアグリキャップ1号をフレコン6袋、計3.6トンを運んで来てくれた。とても感じが良い方々で恐縮をしてしまう。 

 
f:id:tottoridekurasu:20170420122922j:image

 

粉とペレットを持って来てくださったので、両方を試してみる。粉の方が良い気がしていたけれど、堆肥マルチにはペレットの方が撒きやすいし、風で流れにくくて良いかも。撒いた分量も目視しやすい。

 

たまに " 堆肥のまき方 " みたいなキーワードでこのブログに辿り着く方がいるけれど、基本的には一輪車に積んで、スコップを使ってえっさーえっさーと撒く。お金に余裕があるならば、運搬車や散布機を使いましょう。更に余裕があるのであれば、それに加えて人を雇いましょう。

 

ということで、一輪車に積んでスコップで撒いている 。撒く前には、流れてしまったりして崩れた畝を綺麗に形成し直す。

2日間掛けて、2/3の面積が終わった。あともう少し。当たり前だけれどもやらないと終わらない。

 
f:id:tottoridekurasu:20170420171727j:image

 

昨年植えた株からも、春芽がどんどん出始めた。細いものは取り除いて、家に持ち帰り食べる。春芽は味が濃くてとても美味しい。こんなにも可愛くて美味しいものが、次々と土からニョキニョキ出てくるなんてすごい。

 

アスパラは採れたてが本当に美味しくて、まさに鮮度が命の野菜。採れたては生でもいける。ぜひ、色んな人に食べて欲しいなぁ。

今年から出荷をしていきますので、宜しくお願いします!