とっとりで暮らす

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とっとりで暮らす

東京から鳥取へ。佐治町という小さな町に引っ越した人のブログです。

ビギナーズねぎあげる( 送料+箱代で)キャンペーン

 

 

※ 終了しました!たくさんのご応募ありがとうございました ※
 

昨年の6月に、27年間生まれ育った東京から、鳥取県の佐治町という人口2100人程の小さな町に引っ越しました。
現在は、地域おこし協力隊として農林業や特産品に関わる活動を行っています。

そのひとつとして、鳥取県の奨励品種「白ねぎ( 関東では長ねぎと言いますね。)」の試験(練習)栽培に取り組んでいます。
圃場(畑)は佐治町の飯盛山という標高400m程にある、使われなくなった果樹園(梨園)跡を再生し、利活用しています。朝晩の気温は低く、冷涼地のような気候です。
土は柔らかく、真っ黒な、いわゆる「黒ボク」と呼ばれる土です。過去には飯盛山の畑(果樹園)は、大量の刈り草を土に漉き込んで、積極的な土づくりが行われていた。と聞きました。

僕自身、畑仕事は昨年の11月に玉ねぎを植えたのが初めてで、ほとんど何もわからない状態でのスタートでした。
わからないことは農家の方や近所の方に聞いたり、自分であらゆることを調べて、ようやく収穫までたどり着きました。

ねぎづくりに関しても、当然ビギナーですので、当初は栽培マニュアル通りに作ろうと思いましたが、驚く程の農薬の種類と散布回数がなんだか嫌で、病虫害防除、消毒は適時な散布を心掛けました。
散布量は通常の慣行栽培の1/3程度です。(特別栽培認証や減農薬認証を取得しているわけではないので、そのような表示は致しません。)
除草剤は定植時に一度、抑制剤を使いましたが(使わなければよかったと後悔)、それ以降は使用せずに、手作業で草取りをしました。

ビギナーなので、農薬も化成肥料も使いましたが、6月から11月まで汗水流して作ったねぎです。ろくな機械も持っていないので、土寄せも基本的には鍬での手作業でした。
現状の装備でのひとり作業は、あまりにも作業が大変ですので、来年は栽培するかは未定です。

6月上旬。溝を掘って植えます。手作業で泣きそうでした。
6月上旬。溝を掘って手作業で植えました。泣きそうでした。
 
夏の雑草。手作業で取りました。泣きそうでした。
夏の雑草。手作業で取りました。泣きそうでした。            
 
10月半ばの様子
10月半ばの様子。立派に育ったなぁ。としみじみ思います。
栽培面積としては4畝(約400㎡)でネギの本数は約6000本あります。
しかし、このねぎは試験(練習)栽培として仕事(公務)中に作ったものですので(もちろん休みの日も世話をしていますが)、金銭を頂いて販売することが出来ません。
それならば、自分の目が届く範囲でお配りしようと。金銭ではない何かを対価に頂ければ嬉しいです。

通常ねぎは頭の葉っぱと、下の根っこを切って出荷されますが、植物の生命線である根っこは残して送ります。(上の葉っぱはサイズの都合で切ります。)根っこが残っていると、通常よりも日持ちがしますし、なによりも僕の作業が楽になります。
 
調整前(堀りたて)※写真は生育途中のものです
調整前(堀りたて) ※ 写真は生育途中のものです
調整後(皮を剥いて葉を切ったもの)※写真は生育途中のものです
調整後(皮を剥いて葉を切ったもの) ※ 写真は生育途中のものです
 
太さに応じて2本から3本で束ねます
太さに応じて2本から3本で束ねます

完全に無料で差し上げたいところですが、嫁子供を養って行かないといけない身ですので、箱代と送料はご負担頂くことになります。
皆さまのご注文、熱いメッセージお待ちしております!
発送は11月中旬から、順次発送致します。  


このような方にオススメ!
・これからの鍋シーズンに。
・躊躇すること無くねぎを使いたい方に。(うどん、そば、ラーメン、麻婆豆腐なんかにも)
・ねぎが大好きなあの人に。
・お店のイベントやメニューやノベルティに。
・根っこがついたねぎが欲しい方に。
・ねぎ代にお困りの方に。
・ご近所、ご家族、ご親戚へのお裾分けに。

各々の思う様に、ねぎを使って頂ければ嬉しいです。

こんなお返しがあれば嬉しいです
・コメントや感想、応援メッセージ。
・Facebookページにいいね![ とっとりで暮らすFacebook ページ ]
・ねぎを使っている様子の写真。
・これからはブログ読むよ!という気持ち。
・自身のHPやブログ、SNS等での紹介。
・佐治町( 鳥取)に遊びに行くよ!という意気込み。

などなど、金銭以外ででしたら、なんでもオーケーです。
頂いたお返しは、順次このホームページに掲載をして行きますので、掲載NGの方はご一報ください。( ニックネームも可)

注意事項 
・極端に短いものや細いものは避けますが、サイズはまちまちとなります。
・根っこには土が付着しています。
・曲がっているものもございますが、品質には影響ありません。
・外葉は3〜4枚に剥いて調整を行います。
・1束2〜3本で束ねます。(スーパー等でよく見る感じです。)
・ご希望の容量(3束、5束、7束、箱に入るだけ)をお選びください。
・本数に関わらず、ねぎ用3kg段ボールでの発送ですので送料は変わりません。
・ お一人様、3箱までとさせて頂きます。(送料はそれぞれ掛かります。)
・保存は涼しい場所で、お早めにお召しあがりください。(根っこに土を被せておくと長持ちします。)
・天候によって、発送が遅れる場合がございます。

送料 + 箱代(¥100)の料金
県内( 鳥取県 )
¥880
北海道( 北海道 )
¥1,420
東北( 青森県 / 岩手県 / 秋田県 / 山形県 / 宮城県 / 福島県 )
¥1,200
関東( 茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県 / 山梨県 )
¥1,120
信越( 新潟県 / 長野県 )
¥1,120
北陸( 富山県 / 石川県 / 福井県 )
¥1,030
東海( 静岡県 / 愛知県 / 三重県 / 岐阜県 )
¥1,030
近畿( 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県 )
¥960
中国( 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 山口県 )
¥960
四国( 香川県 / 徳島県 / 愛媛県 / 高知県 )
¥960
九州( 福岡県 / 佐賀県 / 大分県 / 熊本県 / 長崎県 / 宮崎県 / 鹿児島県 )
¥960
沖縄( 沖縄県 )
¥1,270

※ 鳥取市在住のかたへ
よろしければ、私本人がお届けすることも可能です。(日時は要相談)配達料は頂きません。直接( tottoridekurasu(at)gmail.com )までご連絡ください。atは@に変換してください。
別に会いたくはないよ。という方は、郵送をご利用くださいませ。
※ 送料の負担を抑える為に、送料元払いで送らさせて頂きます。
※ 発送はゆうパックで送らさせて頂きます。
※ 悪天候などで発送が遅れる場合がございます。

 - 11/21追記 -
※ 発送予定日の目処が付きましたら、ご連絡をさせて頂きます。(gmailからの送信となりますので、ドメイン設定をお願いします。)
※ 現在、お届けまで一週間程お待ち頂いております。