とっとりで暮らす

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とっとりで暮らす

東京から鳥取へ。佐治町という小さな町に引っ越した人のブログです。

明倫AIRに携わって

アーティスト滞在場所の旧仲倉医院の中庭
鳥取藝住祭2014 明倫AIRのお手伝い(照明の人)が無事終了しました。
(AIRとは”アーティストインレジデンス”の略です。一定期間、その土地にアーティストを滞在させて、作品制作や、公演などを行なわせる事業をそう呼びます。)
佐治-明倫、往復約120km。正直、帰りが遅くなった時は大変でしたが、楽しかったですし、こちらに来て、自分の出来ることを発揮できる場所が出来て良かったな。と思います。

 


本番前日に明倫に行き、会場となる倉吉淀屋に機材を搬入し、確認作業を行いました。
倉吉淀屋は倉吉の商家建造物の中で、現存する最も最古の建造物だそう。
建築には釘が使われておらず、現在も補修をする際には、その方法が取られているようです。

練習が終わり、その日は旧仲倉医院に泊めて頂きました。

杉玉がミラーボールになればいいのに


今回は踊りにチェリータイフーンさん、ちんどんにロンさん、三味線に山内有二さんによる舞台で、演目は「御伽草子 灯篭」。鳥取藝住祭2014 明倫AIRのクライマックスでもありました。

その日に初めて知ったのですが、僕の地元にも近い下町亀戸を舞台にした作品で、勝手にシンパシーを感じたりもしました。

ちんどんのロンさんとは今回初めてお会いしたのですが、話していくうちに共通の知り合いがいたり、僕の地元のことも知っていたりと、ここに来てまた不思議な縁を感じずにはいられませんでした。




本番は老若男女、お客さんが集まりの大盛況。久々に感じた、この達成感。

演出まで担当した、チェリーさんの振る舞い、人を動かす力に僕らはたくさん勉強をさせて頂きました。

終演後、足早に撤収作業を行い、僕らは東京へと向かったのでした。
明倫のみなさまありがとうございました。