とっとりで暮らす

東京から鳥取へ。佐治町という小さな町に引っ越した人のブログです。

理想の冬用帽子に出会う

農協&KUBOTA

こちらで暮らし始めてから、外出するときは帽子が欠かせない。
どんな心境の変化か分からないけれど、帽子が被りたくなるのです。
あの人といえばあの帽子だという印象が付くくらいの、必須アイテムの様な気がします。

普段は東京に居た頃にオークションで購入した、農協の白キャップを被っています。最近、若手農家がこのデザインのキャップを被っているのをよく目にするので、一部で盛り上がってきているのでは?と勝手に思っています。

あとは田舎の定番KUBOTAの紺キャップ。おっちゃん達が集まると、必ず一人は被っているという定番です。「KUBOTAのキャップが欲しい」と言っていたら、あれよあれよという間に、たくさん頂きました。


以前に頂いたのは、前方部分がぺちゃんこのタイプだったのですが、最近頂いたものは、しっかりとした型が入っていて、頭の大きな僕にも被ることが出来る、優しい仕様になっていました。
こちらは都会で被れば、はたまたお洒落アイテムになりますので、ぜひ手に入れて下さい。

普段はキャップで十分なのですが、雪が降り寒い日にはいつものキャップでは敵わない。どうしても耳が寒い。

ホームセンターで耳が隠れる帽子を探したのですが、どうにも理想の冬用帽子が見つからない日々が続きました。
もう諦めて、いないに売っていた「4WD-RV」と刺繍されている防寒帽子を購入しようとしていた矢先、正月に帰省した際に理想の帽子に出会うことが出来ました。


モンベルの「エクセロフト フライトキャップ」

モンベルの「エクセロフト フライトキャップ」

 
 


モンベルの「エクセロフト フライトキャップ」3


妻のお父さんに買ってもらいました。ありがとうございます。
何が凄いかって、とにかく暖かい。
これを被って雪かきをしていると、暑くて頭が汗でびしょびしょになるくらい。
そして、機能性に加えてファッション性も確保できる。自称山ガールにもおすすめ。流石、天下のモンベルです。