とっとりで暮らす

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とっとりで暮らす

東京から鳥取へ。佐治町という小さな町に引っ越した人のブログです。

冬の支度をはじめる

どぶろく「どんでん返し」は初回販売分が完売、12月の次回ロッドも予約完売と好調な滑り出し。お買い上げ頂いた皆さまや、気に掛けてくれる方々、興味を持って取り上げてくれるメディアの方々のおかげさまです。

 

今回、こうして世に商品を送り出して色々思う事はあったけれど、現場で動く僕らはこの商品をブランドを守っていかないといけないし、今よりもっと良いものを作っていくこと、そして応援をしてくださる方々を大切にしていくことに力を注いでいくことをすれば良いのだと思える様になって来た。

実際、現状の製造量では期待をしている冬の収入源には程遠いので不安もあるけれど、雇われている以上、現場の人間が動かせる問題ではないことも事実。

 

12月に入った。

今年は雪が多いぞ。と毎年の様に聞くけれど、今年はどうだろう。カメムシが多い年は雪が多いとか聞くけれど、本当のところはわからない。カメムシが侵入してくる自宅の南向きの網戸や窓にホームセンターで買った400円くらいのニームスプレーを掛けた効果なのか、昨年に比べてカメムシが少ない気がする。昨年の多い日は、一日に20匹以上をガムテープで捕まえていた。家の壁に大量の黒いテントウムシが襲来する日もあった。( 恐ろしくて近所の方に助けを求めたら、キンチョールを持って来てくれた)

昨夜は小さいゴキブリがひっくり返って瀕死状態で転がっていたけれど、あれはなんだったのだろうか。しかも昼夜2回。

 

畑のある山の圃場はだいぶ冷え込んで来て、肌寒さは昨年のねぎの収穫作業を思い出す。活着のした玉ねぎ、ジャンボニンニクに追肥、籾殻堆肥つくり、腐葉土用の落ち葉集めも一段落して、アスパラの冬支度にスパート。刈り取り作業は実際に始めてみたらこれまた大変で、まだ10分の1も終わっていない。

 

週末には娘の保育園の発表会、集落の総会、自警団の最終点検などなど。年末に向けて忙しくなってくる。これは年始の初総会、綱引き、役員会、とんどまで続く。大変は大変だけれど、自分達の暮らしている場所を皆で維持をしていくというのは気持ちのよいことだ。

早めにタイヤ交換も済ませた。昨年に軽用もバン(軽トラ)用もスタッドレスを購入していたのでそれに替えた。それでも滑るときは滑るけれど、新しいタイヤを装着している安心感は大きい。