とっとりで暮らす

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とっとりで暮らす

東京から鳥取へ。佐治町という小さな町に引っ越した人のブログです。

農業

いろいろと間にあわず焦る

アスパラの作業に追われて、久々に下の畑に行ってみるとすでに草が大変なことになっていた。じゃがいもの土寄せと合わせて、草が小さいうちに鍬でうっておく。少しずつだけれども美しくなってきた。 人家に挟まれていて車がよく通る道沿いの畑だけど、最近は…

直売所での販売を始めました

本日より直売所での出荷を始めました。初出荷! 手始めにごく少量ですが、“ 山のうえのアスパラ “と銘打って、鳥取市河原町の道の駅かわはら内、直売所「夢菜館」さんにて販売をさせて戴いてます。 直売所のものは、その名の通り一番流通が早く、鮮度の良い…

ここまで来た

今日の作業は朝仕事と午前中の少しの時間のみ。 朝仕事の前には朝6時から、集落の神社の清掃を行った。 堆肥撒きは3年目に入ったアスパラの畝に取り掛かる。まずは除草作業をすることにした。昨年、雨が多かった為か表土が固くなってしまっていたので中耕も…

堆肥を撒く

本当は冬にやるべきだった、アスパラの畝に堆肥マルチを敷く。春肥ということにして、鶏糞焼却灰を撒いてから、その上に有機資材のアグリキャップ1号を撒く。 以前、お会いをしたアスパラ農家さんも「肥料を撒いてから堆肥マルチ!」と 強調をしていたので、…

コゴミをいただく

近所のアニキからコゴミを大量に戴いた。 見た目とは裏腹にクセも無くどんな調理にも良く合い美味しい。今年は一緒に採りに連れて行ってもらう予定だったけれど、予定が合わずに断念。一週間遅いだけで、グングン成長をして採り時を逃してしまう。 ゴミを取…

苗作りを始める

先週から野菜の苗を作り始めた。家の前の庭に植えてあったネギを片付けて( 太いものは種取り用、細いものは畑に移植 )、ビニールトンネルを設置してトンネルを張った。中に温度計を設置して、温度が30℃を越えてしまいそうであればビニールを開けながら管理を…

2017春じゃがいもを植える

うかうかしていたら芋が植えられなくなっちまう。気が付けば種芋にもやしが生えてきていた。 今日は晴れるぞ!という日を狙って、早起きをして種芋を切る。伸びて来てしまった細い芽は躊躇無く取り除き、ポイ! Mサイズのキタアカリを芽が2〜3つ残る様に半分…

春の農作業スタート

ここ最近の暖かさで、すっかり山のアスパラ畑の雪が消えた。日陰になっているところは、まだ少しだけ雪が残っているけれど、ようやく作業に入り始めた。 コンパネで作った堆肥箱の中身を確認してみると、落ち葉の方は白いカビがびっちり生えていて良い感じ。…

できることをこつこつと

山の畑もだいぶ雪が溶けて来たけれど、まだかなり湿っていて土を触らない方が良さそう。晴れが続いてくれれば、来週には色々と作業が捗りそうだ。それまでに出来る事をやっておく。 山の圃場はアスパラをメインにするとして、手付かずだったもうひとつの畑も…

雪解けはもう少し先

雨が降り、気温が上がり、風が吹くと雪解けが進む。 自分の借りている田畑はどんなもんだろうかと足を運んでみた。 今年からお借りして始める、自分が住む集落にある田んぼ。奥にある小屋も機械も使って良いとのことなので、初めて中を覗いてみた。 元大工さ…

春に向けて準備をする

アスパラ栽培に使うフラワーネットの設置に使用するフックをこつこつと自作。 今まではヒモで固定をしていたが、雨風の劣化などで切れてネットがだるんだるんになってしまうし、ひとりで設置をするのが大変だったので良い方法はないか探していたところ「福島…

寒波が到来した

ついに寒波が到来した。朝起きると、庭に降り積もった雪は60cmを越えていた。 例年に比べて12月には全然降らなかったので、不意打ちをくらったかの様な雪だ。 こんな日は早起きをして雪かきをして、早めに家を出ないと行けないのに、暗いし寒いし眠いしで起…

籾殻くん炭をつくる

籾殻くん炭 ( もみがらくんたん )を作ってみたので覚え書き。 用意するものは、コイン精米所から貰った籾殻 ( 今回は籾殻袋4袋分 ) 、くん炭機、着火するもの ( 新聞紙や段ボール枯れ枝など ) 、消火用の水 ( 20Lタンクx2くらいあれば安心 ) 。 籾殻くん炭と…

春に向けて肥料を仕込む

アスパラが枯れるまでの間、春に向けた肥料を仕込む。 アスパラは葉っぱに蓄えた養分が根っこに流転して、自然と葉の色が落ちて枯れてくるのが理想的。2品種育てているうち、ウェルカムは綺麗に枯れ始めているけれど、ゼンユーガリバーは病気で一気に枯れて…

秋がはじまる

9月に入った。夏はあっという間。 8月には毎週末に集落のことがあったけれど、なんだかすごく前の事の様に感じる。 アスパラには最後の追肥。鶏糞焼却灰を撒いてから1週間開けて、きのこの廃菌床+油かす+モミガラを混ぜて積んで発酵させておいたものを撒いた…

草との戦い

朝出ようと思ったら、久しぶりの雨がざーざーと降ってきた。 ここ最近は猛暑の晴れ続きで嬉しい雨だった。雨が降ったら仕方ないな。ということで収穫だけにして、ちょっと休めるのも嬉しい。もちろんこの時期は毎日の作業なのだけれども、どこかでセーブしな…

毎日アスパラ

毎日毎日アスパラの世話が続く。今年の苗はやっとのことで定植が終わった。全部で約3300株になった。どんな景色を見る事が出来るか楽しみ。 畝を作る際に溝を掘って牛糞堆肥を埋めるのだけれど、ざっと計算をしてみたら、一輪車 ( 猫車 ) で400往復以上牛糞…

梅雨の合間の

アスパラ畑はようやく形になって来た。 こうやって遠くから見ると、なかなか良いもの。軽トラで畑に入れる様に地を固めて通路を作ったら、作業がとても楽になった。 アスパラは植えたら基本10年以上は動かせなくなるので、レイアウトを考えてどんな風に畑を…

えひめAI-2を作ってみた

以前から気になっていた、えひめAI-2を作ってみた。試しにと500mlペットボトルで5本。 えひめAIとは↓ 環境浄化微生物(えひめAI-1・えひめAI-2) - 鬼北町ホームページ 現代農業によれば、アスパラの防除用には納豆を多めに入れるのが良いと書いてあったけれ…

草刈り機のメンテナンス

来月の頭に集落で行う総事(そうごと)の草刈りがある。これから梅雨に向けて草刈りシーズンが始まる。 草刈り機は3台持っていて、全て近所の方のご好意で頂いたもの。 これまでは、とりあえず調子の良かった小型の草刈り機を使っていたけれど、最近どうも調子…

晴耕雨読とは言うけれど

晴耕雨読とは言うけれど、そうも言っていられない。少しくらいの雨ならば、土をいじらずに出来ることを。 小雨の降る中、立茎を開始させたアスパラに、倒体防止用のフラワーネットを設置。 昨年の冬の作業が間に合わずに、ネットを畑に置きっぱなしにしてし…

たんたんと

午前中、アスパラの様子を見に山にあがる。とりあえずアスパラの病気も治った様で、先日の雨のおかげで元気な茎がぴゅんと伸びていた。 アスパラの天敵、ジュウシホシクビナガハムシを発見。細長いワルいテントウムシみたいな奴。とりあえず見える分は捕殺し…

アスパラに茎枯病が出る

先日までフレッシュなアスパラがにょきにょきと出て来て、こりゃイイ感じだ!と思っていた矢先、茎枯病という病気が発生してしまった。本当は冬に刈り取って、バーナーで焼いておかなければいけなかったものを、ねぎのことでいっぱいいっぱいになってしまい…

玉ねぎの定植で自らの成長を知る

先週末、ようやく玉ねぎの苗を定植。 去年に畑を始めて、初めて植えたのが玉ねぎとにんにくで、その時は妻と一緒に作業をして、350本の玉ねぎ苗を植えるのに2.3日を要したもの。 が、しかし、今年は圃場作り、マルチ張り、1000本の植え付けをひとりで2日で終…

ネギの収穫まであと少し

収穫まであと、2.3週間の白ネギ。 ここに来て、ネギの重大病気「赤サビ病」が多発してしまいました。 ネギといえば、なんとなく強そうなイメージの野菜ですが、意外にも病気に掛かりやすいですし、ネギにつく虫は肉眼ではなかなか発見が難しいものばかり。 …

科学と愛情のバランス

秋に向けて畑を開墾してほ場を作って行きます。25aあったはずの畑はどこへいってしまったのか。日に日に狭くなっているような気がします。 日々、黙々と作業をしていても、ひとりでは一気になんて出来ない。 一歩一歩、少しずつでも進めて、いい状態を維持し…

タイフーンきてる

あばれる佐治川" DAKURYU " 昨年は鳥取に来る手前で、奇跡的なカミソリシュートを魅せた台風たち。 鳥取は謎の強風は吹くけれど、台風はあまり来ないなんて聞いていましたが、今年はそうも行かないようです。 先日の台風直撃では、畑のあらゆるものが吹っ飛…

思い知る、草との戦い

鳥取に帰ってきたら、ネギ畑が雑草で大変な事になっていました。梅雨明けしても雑草は強い。 除草剤を使うと枯れた色(この世の終わりみたいな色)が美しくないので、一本一本手取り。 帰省中に雨が全然降らなかったせいか、黒班病という病気が出ていました。 …

何をやっても大変だ

文字の如く「猛暑」な日が続きます。 はたちを過ぎてから、一番肌が焼けているのではないでしょうか。前年比の約3倍以上です。 思えば、去年の夏は雨ばかりだったので比べられるものではないのですが、これが鳥取の夏なのかもしれません。 畑での作業はなる…

白ネギの定植がはじまる

先日から白ネギの定植を始めました。 面積は4畝(よんせ 約400m2)。一本の畝が約57mで5本分です。 苗の本数は6000本。農協にもらったマニュアルでは、5本入ったペーパーポットをそのまま植えるとあるのですが、それでは間引きをするにしても、ロスが多いので…

来たぜ!農繁期!

アマガエルはニンニクの葉の中で虎視眈々と 春から一変、一気に初夏に。 そろそろこちらに引っ越してきて一年が経つのですが、ちょうどその頃を思い出します。夜の冷え込みはあるけれど、昼間は暑いです。小中学生の頃の林間学校を思い出す匂いがします。 裏…

亀戸大根を収穫

すっかり春になり、外仕事が気持ちの良い季節になりました。 晴れ間が続き過ぎると、少しは雨が降ってくれないかなぁ。と思うのは人間の勝手でしょうか。 昨年の11月、玉ねぎと一緒の時期に播種をした、亀戸大根を収穫しました。 大雪にもやられず、綺麗な白…

2015春じゃがいも植える

先週から雨が続き、今週の水曜の時点での天気予報はこんな感じ。 畑に出れず、フラストレーションが溜まる日々でした。 ちなみに智頭町の天気を見るのは、鳥取市の天気よりもより近いからです。市街地の天気予報では当てになりません。 決戦は木曜日。という…

畑の嫌われ者スギナが気になっている

協力隊で玉ねぎやにんにくを植えた畑の様子を見に行くと、一面スギナ畑になっていました。 雨が続いて雑草が増えているだろうな。とは想像がついたけれど、まさかここまで一面スギナとは。 スギナは地中に根を張り、驚くべき生命力で畑の厄介者扱いをされて…

アニキたちに助けられてまた一歩前進する

近所のいつもお世話になっている兄貴から、畑に資材や機械を入れる用のビニールハウスを作ってみないか?という提案を受けて、組立に挑戦してみることにしました。 材料もほとんど譲って頂いた上に、休日を使って手伝って下さいました。頭が上がりません。 …

お金を掛けずに米ぬか乳酸菌肥料を作ってみる

材料はこちら。 米ぬか乳酸菌ぼかし(肥料)を作ってみることにしました。 ・米ぬか(コイン精米所から貰ってきたもの) ・籾殻(近所の方から頂いたもの) ・油粕(大家さんが置いていって、倉庫にあったもの) ・乳酸菌発酵液(作ったもの)※ ※乳酸菌発酵液 作り方は…

春に向けての畑の準備

小春日和が訪れ。畑を手入れしました。 こちらは協力隊で植えた、玉ねぎとにんにく。東西に長い佐治の上(奥)に向かうにつれて、雪の残り具合が多くなっていきます。 玉ねぎの追肥は12月と3月の2回で良いかなぁと思っていましたが、肥料喰いの両者で、少し不…

2014年12月の畑

雪がちらっと降り始め、急激に冷え込んだ佐治です。家の庭には山茶花がようけ咲いていて綺麗です。 まだ、雪が綺麗だねぇ~とか言っていられるレベルなのですが、早めの処置として雪かきスコップを2種類、いないで購入してきました。佐治の人は良く、いない…

たまねぎを植える日々

たまねぎの苗。100本で400~500円ほど 11月がこんなにもいそがしい日々だとは思わなかった。 振り返ってみれば、今月の手帳で何も記入されていない日は、わずか一日のみでした。 来年からは、バランスを考えて予定を組まなくては。 明日から山口県へ研修に。…

また畑を作っています

ビフォーアフター的な 近所の方が貸してくれた畑があり、こちらは妻とふたりで人力での開墾を進めています。写真の左側が草を刈っただけのところなのですが、こうやってみると、よう頑張ったなぁ。という達成感があります。 この畑は砂地の土で、柔らかくて…

たまねぎ畑を作ります

ひさびさのトラクター 空いている畑があるから、何か作ってみいや!なんてのは、ここにいると良く言われることで。僕がメインで耕作をする畑が耕作放棄地で、整備まだ入っておらず使用出来ないので、いま作れるものを作ってみようと、半分くらいの面積をお借…

山椒仕事をしましたよ

6月、こちらに来た頃にお願いしていた山椒、忘れた頃におばちゃんが職場まで届けてくれました。生の山椒といえば毎年買っていたもので、ちりめん山椒を作ったり、ぬか床に入れたりとこの時期に欠かせないものになっていました。そこらに山椒の木があるので…

自分で自分の食べ物を作るということ

庭を開墾して作った畑で、野菜を収穫しました。 5月末にこちらに来て6月の半ば過ぎに植えたから、成長は遅いけれどしっかりと実ってくれて嬉しいです。 オクラは毎日毎日、実をつけてくれます。一日取らないでおくとグングン伸びてしまう。でも市販のオクラ…